日経225の税金

日経225で利益を出した場合には、他の投資のときと同様にして、税金を支払うことが義務になっています。日経225の取引というのは、証券会社での取引ということになるのですが、税金の計算方法が、株とは違っています。確定申告を行う必要が出てきます。この確定申告の税率についてですが、20%と固定されています。20%の内訳としては、所得税が15パーセント、そして地方税が5%です。日経225も、くりっく265や、FXなどと一緒に損益通算可能です。それ以外にも、3年間までは、日経225での損を繰り越し可能になっているので、マイナスになったという場合でも、申告をすれば、翌年に利益が大きく出ても、前年の損失の分は控除対象になるので安心です。
日経225の利益で税金がかかることを知らない人が、確定申告をしないというケースもあるのですが、これは所得隠しになったり、脱税になりますから注意しましょう。ですから、日経225で利益が出ても、実際には20%分は、少ない金額が本当の利益であると思っておいた方がいいでしょう。1年間で損失が出てしまった場合でも、税金の控除申告をして、ちょっとでも実際に出た損失の金額を減らしておけばいいでしょう。
日経225をやっている人は自分で、2?3月の確定申告の時期に確定申告をしに行かなくてはいけませんので、少し手間ですが、忘れないようにしておかないといけませんし、税金を支払うお金を用意しておくようにしなければ、確定申告の時期にあわてます。

厳選4

#サイト名PRリンク